日銀砲

このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀砲(にちぎんほう)とは、日本銀行(日銀)による為替介入の俗称。日銀が為替市場へと介入を行う場合、急激な為替レートの変動が起こることから、日銀砲と呼ばれています。なお、日銀は2012年4月以降に資産買入等の基金を通じて、上場投資信託(ETF)や不動産投資法人投資口(REIT)の買い入れも行っており、これらの市場買い入れを「日銀ETF砲」などと呼ぶこともある。

 

関連記事
日銀砲を読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。