リボ天(リボ天井)

このエントリーをはてなブックマークに追加

リボ天(リボ天井)とは、クレジットカードの利用におけるリボ払い(リボルビング払い)が限度額いっぱいに到達している状態のことを指す。当然だが、利用限度枠いっぱいとなっているわけなのでこれ以上の決済はできなくなる。

リボ天・リボ天井はかなり危険な状況

リボ払いについては「実は危険な「リボ払い」。リボ払い利用の問題点」などが危険性を上手に指摘していると思いますが、たとえば利用限度額が100万円でリボ天となっている場合は非常に危険な状況と言えます。

たとえば、リボ払いの金利が15%と言う場合、これを放置しておくと年間に15万円の金利(手数料)が発生することになります。つまり毎月に直すと12500円もの金利が発生することいなるわけです。

当然ですが、それ以上の返済をしないと残高が減らない状況です。仮に3万円を返済しても減る残高は30000円-12500円=17500円しか減らせません。このままでは相当長期間にわたって返済を続ける必要がありますし、莫大な金利(手数料)を支払う必要があります。

なるべく早期に対応をして借金を減らすようにしましょう。
リボ払いで気が付いたら多額の借金を背負ってしまった時に取るべき解決策」も参考になるかもしれません。

関連記事
リボ天(リボ天井)を読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。