電子クズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

電子クズとは、価値が無くなった電子化された有価証券のことを意味する。倒産株のこと。たとえば、上場企業が倒産した場合、投資家の元には株券という券面が戻ってきた。こうした破綻企業の株券は収集的な意味を除けば価値なしなので、紙くずと言われいる。

ただし、2009年1月からは上場企業の株券はすべて「電子化」されており証券保管振替機構(ほふり)によってデータで管理される形となっている。
参考:株券の電子化について

そのため、投資した会社が倒産してしまった場合には紙クズである株券すら戻らず、投資していた株券(データ)は無意味なデータとして消去される。そのため、株券の電子化以降の倒産株を「電子クズ」と呼ぶ。

用例
・もうすぐ電子くずにしかならない株を何で買うの?
・100%減資で電子クズ確定的になった。

 

関連記事
電子クズを読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。