主幹事証券の誠意

このエントリーをはてなブックマークに追加

主幹事証券の誠意とは、公募株やIPOなどで幹事証券が行う買い支え、売り場を提供することを指す。本当にそのような買い支えがおこなれるかどうかは定かではない。

ただ、IPOにおいては多くのケースで「オーバーアロットメント」が設定されている。オーバーアロットメントというのは、募集や売り出しにおいて需要が大きい場合に、当初の数量を超えて、募集売出しを行うことである。

たとえば、100万株の募集+15万株のOA(オーバーアロットメント)がある場合、実際に115万株が投資家に販売されることになる(OAは最大15%)。

この追加分(15万株分)は引き受けた幹事証券会社が返却する必要がある。公募価格よりも低い価格でIPO後の株が推移しそうなときは「発行価格以下」で市場で買付をすれば、その分は証券会社の利益になる。

公募価格以下であれば、結局のところ幹事証券会社は損をしない。つまり、この「オーバーアロットメント分の市場での買付=主幹事証券の誠意」と言えなくもない。

ちなみに、公募価格以上になった場合、証券会社はグリーンイシューオプション(非五受け価額と同一条件で追加的に株を取得できる権利)が付与されており、それを行使するので損はしない。

関連記事
主幹事証券の誠意を読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。