握力

このエントリーをはてなブックマークに追加

握力とは、株式投資関連で用いられるスラングの一つ。握力とは何か?どんなものなのかというと、株を保有し続ける力(意思)のようなもの。たとえば、株価が上昇する際に初動で利益が出た時に売ってしまったような場合に、握力が足りなかった(握力不足)などということがある。

ちなみに、人間は心理的に含み益状態の時は握力は弱く、含み損を抱えている時は握力が強いと言われる。つまり、利益が出ているときはちょっとしたことで売りたくなり(利益確定したくなり)、逆に含み損が生じているときは売る決断が中々できない人が多い。(参考:利食いが早すぎて、損切りが遅い方へ

握力をコントロールすること、できるようになることはとても重要。
できないといわゆる「コツコツドカン」となり、一発で退場もありえる。

用例
・握力が足りず売ってしまった
・無駄に握力が強すぎて損切りできない

関連記事
握力を読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。