セルインメイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

セルインメイとは「Sell In May」をカタカナ読みしたもの。もともとはアメリカの相場格言で5月は他の月と比較して相場が軟調になることが多いという状況を示したもの。5月、11月はヘッジファンドの多くが決算を迎えるため、その調整で売りが出やすいということに起因するとされる。

セルインメイというと、どこぞの女の子の名前みたい。

2013年5月はセルインメイという言葉とは裏腹に相場が大きく上昇した。しかし、5月23日には2000年4月以降となる最大の下落幅を見せて急落、5月30日には5月分の上昇をすべて打ち消す今年2番目の下げ幅を見せるなど「セルインメイ」の名を相場関係者に強く印象付けた。

関連記事
セルインメイを読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。