上場ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

上場ゴール(じょうじょうごーる)とは、上場して創業者利得を得ることを目的としているようなベンチャー企業。あるいは、上場時の初値(公募価格)が高値で株価が下落しつつづけるような会社、上場後に業績の下方修正を連発するような会社のことを指す。

IPO銘柄(新規公開株)というのは基本的に人気が出やすいことから、当初は高値で取引されやすい。しかしながら、結局事業内容や業績がその後パッとしなかったり、下方修正連発などによって株価が大きく下落し続けるような企業もある。
上場ゴールというのは、そういう会社を皮肉めいて呼ぶものである。

本来上場というのは、これから大きく会社を飛躍させる為に行うものである。
しかしながら、そうした目的ではなく上場すること自体が創業者(経営者)やステークホルダー(関係者)の目的となっている(と考えざるを得ない)会社も多い。

具体的な企業名は避けるが、上場後の最初の決算で特大の下方修正を発表する会社や、上場後すぐに配当の見送り宣言をする会社、といったように、どう見ても企業経営者が上場ゴールを狙っているようなスタイルもある。

・上場後に下方修正連発
・上場前に分かっていたであろう不利な情報を、上場後に開示(情報公開)
・創業者(大株主)が上場後に大量の持株を売却
などが挙げられる。

また、実際に経営者が「創業者利得さえ得られればいい」と考えているかどうかは別にして、株価的に上場ゴールとなっている会社もある。

関連記事
上場ゴールを読まれた方は以下の記事も読んでいます。

コメントは受け付けていません。