腕組みの法則

腕組みの法則というのは投資界隈における最近できたアノマリー(?)の一つ。会社のホームページ等で社長が腕組みをして写真に写っている会社はダメというもの。根拠はもちろんない。

続きを読む

マケスピ

マケスピというのはネット証券の楽天証券が提供している、トレードツール“マーケットスピード(Market Speed)”を省略したもの。ちなみにGoogle検索などでは「マケスピ」と検索すると、普通にマーケットスピードで検索したものと同じ結果が返される。

続きを読む

コツン(相場)

コツンとは相場スラングで底打ちを表現する言葉。落ちて地面にぶつかってコツンと音がすることに由来。

相場格言に“落ちるナイフ”という言葉があるように、底打ちは投資の好機であるため重視される。一方で、相場の底というものは後になってみないとわからないものであり、twitterなどのSNSや掲示板などからコツン、コツンと流れてきても、それが本当に底だったのかはわからない。

ただの幻聴の可能性も十分にあるし、たいていはポジトークである。

草コイン

草コインとは英語圏におけるshit coin(シットコイン)のこと。明確な定義があるわけではないが、仮想通貨界隈におけるアルトコインの中でも時価総額が低い仮想通貨を指す。

投機的目的で売買されることがあるが、いつ消えてなくなってしまってもおかしくはなく、完全に博打的な運用となっている

続きを読む

ポジポジ病

ポジポジ病とはFXなどの短期売買におけるトレーダー特有の症状の一つ。ポジとはポジションのことで、なんとなくポジションを持っておかないと不安になってしまい、投資判断が崩れてしまうことを指す。

  • もっと稼ぎたい
  • 損失を取り戻したい

こういった気持ちから、根拠もなしに投資をしてしまうことである。

続きを読む

ガチホ

ガチホというのは、ガチでホールド、ガチガチにホールドという意味。要するに買った株などの金融商品を手放さずに保有し続けることを指します。

株価などが上昇しても(あるいは下落しても)、手放さないことですね。ちなみに、どれだけガチホするかという力を“握力”という事があります。

続きを読む

ボラ

ボラとは、相場用語でボラティリティのことを指す。ボラティリティは相場の変動幅の大きさのこと。ボラが高いという場合は値動きが激しい、ボラが低いということは相場が追い付いているという状態を示す。

続きを読む

クレカ

クレカとはクレジットカードの略称。クレジットードから来たもの。昔はカードのことを「○○カ」と呼ぶことが多かった(例:テレカ(テレホンカード)、ハイカ(ハイウェイカード)など)。一方でクレジットカードのことを単純に「カード」と呼ぶことも多いが、最近ではデビットカードや電子マネーカードなども増えており、単なるカードだと意味が通じにくい場面もある。

続きを読む

育つ/腐る

相場用語としての育つ、腐るというのはポジションの状況を指すスラング。一般的には育つというのは含み益が増大するという状況を指し、腐るというのは含み損が増大するという場面で用いられることが多い。

メガバン

メガバンとは、メガバンクの略称。いわゆる大手都市銀行である「三菱東京UFJ銀行(三菱UFJフィナンシャルグループ)」「みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)」「三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ)」を3大メガバンクにあたる。
この3行を指すことばとして「3メガ」ということもある。

続きを読む